反射的な呪文識別

反射的な呪文識別 1 RECOGNIZE SPELL  FEAT 1


  
前提条件 〈神秘学〉〈自然〉〈霊妙学〉あるいは〈宗教〉に修得
トリガー 視線の通るクリーチャーが、君が準備していないか、君の呪文レパートリーにない呪文を発動するか、罠や似たような効果によってそういった呪文が発動する
もし、君がその呪文の体系に適切な技能に修得しており、しれが2レベル以下のコモン呪文であるなら、君は自動的にそれを識別する(なおも君はクリティカルを得るためにロールを試みるが、成功より悪い結果が出ることはない)。君が熟練なら、自動成功する最高呪文レベルは4に、達人なら6に、伝説なら10になる。GMは呪文の体系に対応した呪文が発動された時、常に、非公開の〈神秘学〉、〈自然〉、〈霊妙学〉、〈宗教〉判定をロールする。もしその技能に修得していないのなら、失敗より悪い結果を得ることはない。

クリティカル 君は正しく呪文を識別し、それに対するセーヴィング・スローとACに対して+1状況ボーナスを得る。
成功 君は正しく呪文を識別する。
失敗 君はその呪文の識別に失敗する。
ファンブル 君はGMの選んだ全く別の呪文であるとその呪文を間違って識別する。

コメント

  1. Pathfinder2e より:

    […] 一般 技能 Source Gods & Magic pg. 104 2.0 前提条件 〈欺瞞〉に修得 君は、その飾り書きと言語を研究することによって、術者の能力を真似ることを学んだ。君が呪文効果を生み出すために魔法のアイテムを起動する際、〈欺瞞〉判定を試みる。もし、目撃者の知覚DCに対して成功したなら、その目撃者にとって、君はその「呪文の発動」をしているように見える。「反射的な呪文識別」に成功した目撃者は、君が魔法のアイテムを使ったのだと分かるが、後で「魔法の識別」に成功した者は、その効果が魔法のアイテムによるものだと判断することが出来ない。 […]

タイトルとURLをコピーしました