読唇術

読唇術 1 Read Lips Feat 1

 
Source Core Rulebook pg. 265
前提条件 〈社会〉に修得
君は君がはっきりと目視できる、近くにいる他者の唇を読むことが出来る。君は都合の良い時には、自動的にこれを行うことが出来る。遭遇モードやもっと難しい読唇術を試みている際には、君は唇の動きに集中している毎ラウンドの間、恍惚状態かつ立ちすくみで、君は誰かの唇を読むのに〈社会〉判定に成功しなくてはならない(DCはGMが決定する)。いずれにせよ、読む言語は君が知っているものでなければならない。

もし君が聴覚を失っているか、聴覚に難があり、かつ、《読唇術》を持っているのなら、君は自分の言語で発話をする時の唇の動きを知っている。君はまた、他者が君の言葉を理解するのに十分なほど、はっきりと、自分の言語の発話を行うことも出来る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました