グリフ・オヴ・ウォーディング

グリフ・オヴ・ウォーディング 呪文3 Glyph of Warding Spell 3


Source Core Rulebook pg. 341 2.0
体系 、霊妙、
発動 10分(物質、動作、音声)
距離 接触
対象 容器一つあるいは10フィート四方の範囲
持続時間 無期限


君は敵対的な呪文をシンボルへと結びつけて罠を作ることが出来る。この「呪文の発動」をしている間、君はこれよりもレベルの低い「呪文の発動」をしてグリフに格納する。格納される呪文は、3アクション以下で発動することが出来て、敵対的な効果を与え、1体のクリーチャーあるいは範囲を対象にするものでなければならない。君はパスワード、トリガー、あるいはその両方をグリフに設定することが出来る。対象の入れ物を移動させる、開ける、あるいは触れたクリーチャーや対象の範囲に入ってパスワードを話さなかった、あるいはトリガーを満たしたクリーチャーはグリフを起動し、中に入っている有害な呪文を解き放つ。

呪文がグリフの中に保管されたなら、グリフはその呪文の特性全てを持つ。もし、保管された呪文が1体以上のクリーチャーを対象とするなら、その呪文はグリフを起動したクリーチャーを対象とする。もし範囲があるなら、その範囲はグリフを起動したクリーチャーを中心とする。グリフ・オヴ・ウォーディングの持続時間は、グリフが起動した際に終了する。グリフは魔法の罠とみなされ、知覚判定及び無力化のための〈窃盗〉判定の双方に君の呪文DCを使う;双方の判定とも、成功するためには試みているクリーチャーが修得でなければならない。

君はグリフ・オヴ・ウォーディングを「解除」することが出来る。君が起動しておけるグリフ・オヴ・ウォーディングの最大値は、君の呪文発動能力の修正値に等しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました