言語解析

言語解析 7 Read Shibboleths

アーキタイプ  
Source Advanced Player’s Guide pg. 178
アーキタイプ 言語学者
前提条件 言語学者の専心;〈社会〉に達人


全てのコミュニケーションには、僅かなサインや兆候が満ちている。もし、誰かと少なくとも10分以上、接しているなら、君はその地方の言葉や発音の変化、非言語の手がかりから、社会的環境、つまり故郷や所属している特定のグループについての些細な事実を知ることが出来る。もし、庶民が貴族の振りをしているなど、この能力の対象が社会的環境について嘘をついているなら、対象は君の〈社会〉DCに対して〈欺瞞〉、〈社会〉、あるいは適切な〈伝承〉判定に成功しなくてはならない。成功した場合には、仮定した正体に一致する偽の些細な事実を君に提供する。

ひとたび、ある人物について1つ以上の本当の些細な事実を把握したなら、その様式を話し方に取り入れ、相手が親しみを感じるような方法で自分を表現することが出来るようになる。これによって、相手への〈交渉〉と〈欺瞞〉判定に+1状況ボーナスを得られる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました