ウェブ・オブ・アイズ

ウェブ・オブ・アイズ 呪文3 Web of Eyes

占術 
Source Secrets of Magic pg. 140
体系 秘術、
発動 >>、動作、音声
距離 30フィート
対象 5体までの同意するクリーチャー
持続時間 10分


君は各対象の目のちょうど上に、念視の透明なセンサーを配置する。それぞれのセンサーは、対象が見ているところを見ている。全ての対象は、ある対象が目視していても他の対象が目視していないものについて、何かに気がつく手助けをしてもらうために、短い間、視覚を繋げることが出来る。各対象は次の自分の手番の開始時まで、任意の数の対象と視覚を共有するために、精神集中の特性を持つアクションを使うことが出来る。同時に視覚を共有することが出来るクリーチャーは1体のみで、他の対象がこのアクションを行った場合、それまで視覚を共有していた対象の効果は終了する。

これは、どのくらい、共有しているクリーチャーの見ているものを受信者が知覚することが出来るかを向上させる。例えば、もし、あるクリーチャーが受信者にとって未探知でかつ、共有しているクリーチャーによって可視状態であるなら、そのクリーチャーは受信者にとっても可視状態になる。一般的には、そのクリーチャーがいる位置に光った輪郭が重なって見えるのである。これによって、受信者は他の方法ではそうできなかったはずのクリーチャーを対象に取ることが出来るようになるかもしれない。しかしながら、遮蔽と効果線は、この場合でも対象に取ることや攻撃を阻害したり、妨げることがある。これは、受信者の視覚を向上させるだけで、減少させることはない;もし、ある敵が共有しているクリーチャーによって未探知で、かつ、受信者にとって可視状態であるなら、受信者はそれでもその敵をはっきりと見ることが出来る。

ひとたび視覚の共有が止まったなら、利益は終了する。クリーチャーが隠れた状態であるか、未探知状態であるかは、視覚共有が終了する直前に対象が持っていた最後の情報に基づく。例えば、これは、もしもあるクリーチャーが壁の後ろにいて動いていないなら、その現在の位置を目撃していた受信者にとって、未探知ではなく隠れた状態になるということである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました