呪文射手

呪文射撃 Spellshot

Source Guns & Gears pg. 140
呪文射撃の使い手は通常のガンスリンガーではない。古代の秘密と規律の伝統に由来し、それを現代の発明と着眼点で鍛えているのである。呪文射撃は魔法の力を銃撃戦の技術と組み合わせ、呪文射撃にのみ伝わる独特かつ神秘的な方法を作り出しており、それは、世界のほとんどを占めるその他のガンスリンガーには理解も利用も出来ない。自らを呪文射撃と名乗った最初の人々は、その魔法体系をアルカディアの「星の掟」Star Codeや「冠たる宰相」Crowned Regentsと結びつけている。「冠たる宰相」と呼ばれた、古代の、世を捨てた製作者達が星導銃star gunsを作成した。これは、白熱するエネルギーの爆発を撃ち出す伝説的な魔法の銃火器であった。星導銃の使い手は、「星の掟」に結びつけられる――これは、この強力な武器を使っている間、どのように振る舞うべきかを定義する文化的な期待である。君は星導銃、「冠たる宰相」、「星の掟」について、Guns&Gearsで多くの情報を見つけることが出来るだろう。

ほとんどの呪文射撃の使い手はアルカディアで生まれ続けている。というのも、呪文射撃の使い手になるための技術や訓練についての話が、アルカディアでは何世代にもわたって伝えられているからである。この地域で育った多くのガンスリンガー達は若い内にこういった物語を聞いたことがあり、宰相達の秘術手法を真似て、銃火器を通じて魔法のエネルギーを放出する技術を磨いているのである。アルカディアが世界中の呪文射手の多くにとって故郷である一方で、この技術は緩やかにその他の地域にも広がっている。しかしながら、呪文射手はその独特な銃の歴史と、魔法が根絶したマナ・ウェイストに存在するアルケンスター大公とのつながりのため、内海地域では特に珍しい。

呪文射撃の道 Way Of The Spellshot (1st)

Source Guns & Gears pg. 140
前提条件:ガンスリンガーでなければならない
君は魔法と技術の複雑さを学び、その2つを融合させて殺傷力の高い結実を生み出した。君は、秘術理論の知識を、選んだ武器との強いつながりと組み合わせることで、独特の効果を現実化させることが出来るようになったが、実際の呪文発動ほどの知識はない。君は、武器にエネルギーを注ぎ込み、虚空から弾丸を出現させることが出来る。君が熟達するにつれ、最終的に、弾丸に壁を通り抜けさせたり、弾丸に沿って自分をテレポートさせることも出来るようになる。

呪文射撃の調整:ガンスリンガー・クラスに記載されている道を選ぶのではなく、君は呪文射撃の道を持つことが出来る。呪文射撃の道は下記の道技能、スリンガーの再装填、身構えを持つ。君は通常通りのクラスと同じレベルでこれらの能力を得る。君はクラスDCに知力を使う。

君は、2レベルのクラス特技として呪文射手のアーキタイプから《呪文射手の専心》を選ばなくてはならない。

スリンガーの再装填:思慮深い再装填
初期の身構え:エネルギー射撃、身構え強化:想起する銃弾、上級の身構え:解呪弾
道技能:〈神秘学〉

スリンガーの再装填 Slinger’s Reload

思慮深い再装填


ガンスリンガー
Source Guns & Gears pg. 140
分析を行う際の冷静な状態に深く沈み込み、目の前の敵に集中していると、君の手は本能的に弾丸を再装填する。君が目視することが出来る敵に対して「知識を思い出す」判定を試み、それから再装填のための「使用」をする。

初期の身構え Initial Deed

エネルギー射撃 Energy Shot


力術 魔法 呪文射撃
Source Guns & Gears pg. 140
トリガー 君がイニシアチブをロールする
君は武器に魔法のエネルギーの小さな活性を解き放ち、敵の弱点を突くエネルギー・ダメージを与える能力を与えるように、潜在的なエネルギーで弾丸を覆う。君は遠隔武器を抜くために「使用」を行うことが出来る。この遭遇での火器あるいはクロスボウによる最初の3回の「打撃」について、君は1点、追加で強酸、氷雪、火炎あるいは電撃ダメージを与える。君はそれぞれの「打撃」を行う一部として、どのダメージ種別を与えるかを選ぶ。

身構え強化 9レベル Advanced Deed 9th

想起する銃弾 Recall Ammunition


 魔法 呪文射撃 
Source Guns & Gears pg. 140
トリガー 君が通常のレベル0のボルトあるいはバレットを使って、火器あるいはクロスボウでミスする
君は銃弾と火器の間の繋がりを強化し、ミスした一撃を銃に呼び戻す。君が発射した矢弾は銃に足装填され、即座に発射する準備が出来ている。

上級の身構え 15レベル Greater Deed 15th

解呪弾 Dispelling Bullet

>>
 魔法 呪文射撃
Source Guns & Gears pg. 140

君は、弾丸に自分の魔法の書名を基にした防御術のフィールドを刻印し、当たった相手の魔法を妨害する。君が目視できる敵に対して、火器かクロスボウで「打撃」を行う。命中した場合、対象に作用している呪文の効果を無効化しようとすること(君が選択したものか、選択しない場合は最高レベルの効果が対象になる)。君の無効化レベルは君のレベルの半分(切り上げ)に等しく、無効化判定の修正値は君のクラスDC-10に等しい。

呪文射撃 専心特技2  Spellshot Dedication Feat 2

 アーキタイプ クラス 専心
Source Guns & Gears pg. 140
アーキタイプ 呪文射撃
前提条件 呪文射撃の道
魔法と銃に精通している君は、虚空から銃弾を作り出し、秘術理論の初歩的な知識を使って一時的に弾薬を作り出すことが出来る。君は「銃弾錬成」のアクションを得る。

銃弾錬成


 魔法
頻度 1ラウンドに1回
効果 君は通常のレベル0のボルトあるいはバレットを虚空から作り出す、即座に「使用」で武器に装填する。もし、ボルトあるいはバレットが手番の終了時に発射されていないなら、効果は無駄になる。

特殊 君は呪文射撃あるいはビースト・ガンナーのアーキタイプから2つ、他の特技を得るまでビースト・ガンナーの専心以外の別の専心特技を選ぶことが出来ない

雷酸水銀弾 6 Fulminating Shot


アーキタイプ 力術 魔法
Source Guns & Gears pg. 141
アーキタイプ 呪文射撃
頻度 1ラウンドに1回
前提条件 呪文射撃の専心
君は次の射撃に強力な魔法を注ぎ、その爆発エネルギーを強化する。強酸、氷雪、電撃、火炎から1つを選ぶ。もし、君が手番の終了時より前に火器あるいはクロスボウを使って次の攻撃ロールを命中させたなら、この種別のダメージを1d6点、追加で与える。12レベル時点でこれは2d6点の追加ダメージに、18レベル時点で3d6点の追加ダメージになる。

銃召喚 8 Call Gun

アーキタイプ 召喚術 魔法 
Source Guns & Gears pg. 141
アーキタイプ ビースト・ガンナー、呪文射撃
前提条件 呪文射撃の専心
君は選んだ火器あるいはクロスボウと強力な魔法の繋がりを築いており、どんな遠くの場所からも君の手の中に直接、召喚する能力を得る。一日の準備の間、1本のクロスボウか火器を選ぶ。次の一日の準備まで、君は手の中に銃を呼び出すための「銃召喚」のアクションを使うことが出来る。

銃召喚 Call Gun


 魔法
効果 君は1本の自由な手を高くかかげ、一日の準備の間に選んだ火器あるいはクロスボウを手の中に呼び寄せる。選んだ武器が同じ次元界にある限り、それは君の手の中に現れる。

転移弾 特技14 Phase Bullet


アーキタイプ 召喚術 魔法
Source Guns & Gears pg. 141
アーキタイプ 呪文射撃
頻度 1日に1回
前提条件 呪文射撃の専心
君は、通常の三次元ではなく、追加の次元でも弾丸の狙いを付けることが出来、対象以外の全てのものを転移貫通する魔法めいた射撃を放つことが出来る。君にとって可視あるいは隠れた状態(未探知ではない)である敵に対してクロスボウあるいは火器の「打撃」を行うこと。この矢弾は直線で君の対象に向かって移動し、その途上にある魔法のものでない、あらゆる障壁や壁を通り抜けるが、魔法の障壁と力場効果はこの弾丸を止める。この射撃は全ての遮蔽、視認困難状態、隠れた状態、盾によるACへの状況ボーナスを無視する。あらゆる種別の防具を着用しているクリーチャーに、+4のステータス・ボーナスを得る。この「打撃」のダメージは魔法のものではない盾を使った「盾防御」のリアクションで減少することはない。

火薬の化身 特技18 Black Powder Embodiment

>>
アーキタイプ 召喚術 
Source Guns & Gears pg. 141
アーキタイプ 呪文射撃
前提条件 呪文射撃の専心;〈神秘学〉に達人
条件 君が装填されている魔法の火器あるいはクロスボウを使っている
君は自分の全存在を一発の射撃に注ぎ込み、肉体を爆風に融合させ、ボルトやバレットと同じ経路を移動することが出来る。条件となった武器でクリーチャーを「打撃」する。成功したなら、もし、その対象が120フィート以内にいるなら、君と君の全ての装備は対象の10フィート以内にある任意の開いた空間にテレポートする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました