軽業師

軽業師 Acrobat

君は肉体を鍛え、卓越した、切れ目のない超人的に優美な技を披露する。君は敵の防御を下げ、反応を鈍らせるような方法で移動し、あらゆる戦いを芸術に変えてしまう。

軽業師の専心 Acrobat Dedication 2 Feat 2

アーキタイプ 専心
前提条件
 〈軽業〉に修得


君は〈軽業〉に熟練になる。7レベル時点で君は〈軽業〉に達人になり、15レベル時点で〈軽業〉に伝説になる。君は敵の接敵面での「軽業移動」のための〈軽業〉にクリティカルしたなら、敵の接敵面を移動困難な地形として扱わない。

特殊 君は軽業師のアーキタイプから他に2つの特技を得るまで、別の専心特技を選ぶことは出来ない。

曲芸師 4 Contortionist Feat 4

アーキタイプ
前提条件
 《軽業師の専心》


君は狭苦しい状況から抜け出すのが驚くほど素早く、君を身動きできなくしようとする敵に対して有利である。君は《入り込み高速化》の技能特技を得る。また、〈軽業〉に達人なら、完全な速度で「無理やり入り込む」を行うことが出来るようになる。君が〈軽業〉を使った「脱出」に正湖水た時いつでも、君が「脱出」した相手のクリーチャーは次の手番の終了時より前に君が行う次の攻撃に対して立ちすくみである。

回避移動 6 Dodge Away Feat 6

アーキタイプ
前提条件 
《軽業師の専心》
トリガー 君が近接攻撃の対象になる
条件 君がその攻撃を知っており、立ちすくみではない


君は軽業の技術を使って攻撃から身をかわし、そうしたいと思うなら、その勢いを使って自分を移動させ続けることが出来る。君は、トリガーとなった攻撃に対してACに+1状況ボーナスを得る。もし、その攻撃が失敗したなら、「打撃」の後に君は「ステップ」することが出来る。もし、君が〈軽業〉に達人なら、5フィートではなく10フィートの「ステップ」をすることが出来る。

優雅なる跳躍 7 Graceful Leaper Feat 7

アーキタイプ 
前提条件
 《軽業師の専心》、〈軽業〉に達人


集団や筋肉といったものは、君が跳躍する際には意味のないものだ;優雅さとバランスだけが問題なのである。君は「高跳び」や「幅跳び」をする際に〈運動〉の代わりに〈軽業〉をロールすることが出来る。

軽業打撃 Tumbling Strike Feat8


アーキタイプ 独占 
前提条件 
《軽業師の専心》
条件 君が敵に隣接している


隣接する敵のDCに対して〈軽業〉判定を試みること。

クリティカル 君は開始位置から敵の反対側の誰も占拠していない空間へと、敵の接敵面を通り抜ける。この移動はリアクションのトリガーとならない。君は、速度より多く移動することは出来ず、通り抜けた接敵面の主である敵と隣接したところで移動を終了しなくてはならない。移動後、君は通り抜けた接敵面の主に近接「打撃」を行う。敵はその「打撃」に立ちすくみである。
成功 クリティカルと同じだが、敵はその「打撃」に対して立ちすくみではない
失敗 君はもともとの空間に残るが、「打撃」は出来る。
ファンブル 効果はない

軽業の機会主義者 Tumbling Opportunist Feat10


アーキタイプ 
前提条件 《軽業師の専心》
頻度 1分に1回
条件 君の直近のアクションが「軽業移動」か「軽業打撃」で、君が敵の接敵面を通り抜けるのに成功している


君はスタミナを爆発させ、敵の接敵面を駆け抜ける際の息もつかせぬ〈軽業〉の大技を行い、敵の背中をがら空きにさせる。君は接敵面を通り抜けた敵に「足払い」を試みる。君は、この判定に〈運動〉ではなく〈軽業〉を用いることが出来る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました