未分類

Tales of Lost Omens:ドラゴンの恐怖

彼らはドラゴンについて話をしていた。 ウガロは岩だらけの突起の上に腹ばいになり、肘を使って荒い地面の上を急いで動いた。岩が痣にこすれたが、彼は痛みに耐えて黙っていた。 「だが、タルドールにはドラゴンはいないぞ! 何百年もだ! 2,0...
未分類

Tales of Lost Omens:デッキの幻影

カードは狂っていた。 イリーナは興奮が小さなキャビンを動揺させているのを感じた。 それは別々の歌を奏でる時代遅れの1ダースもの楽器のように、鋭く、苛立たしい振動だった。 何かが来ていた。運命という波に乗り、その先の定め全てをね...
未分類

Tales of Lost Omens:輝けるもの、必ずしも金ならず

教会のノロマと同じように見られることも音を出すこともなく、トウィルプ・ファーファンはソティスのマルヒツ・バザーのまばらな真昼の群衆の間を滑り抜けていった。 真昼間の隠密行動は常にこのハーフリングをぞっとさせる。しかし、彼が砂埃を立てすぎる...
未分類

Tales of Lost Omens:天を離れし氏族

「お許しを……」 セリクはボレットとその他の弓使い一行を背にして、身をかがめた。 「愚かな十字軍め。そもそも彼は何故、ここにいるのだ? 我々は彼を必要としていない。我らが神がお戻りになり、氏族の残りの者と我々を合流させてくださっ...
未分類

Tales of Lost Omens:望み抱く者

「ご主人……」 賑やかな市場通りの騒音の中、少年が通行人の貴族に声をかけながら近付いた。 「お時間よろしいでしょうか、ご主人! 神の岩をお探しですか? 飛び込むための勇気がいりませんか? 試練を通過した者の祝福は?」 貴族は彼を無視し...
未分類

Tales of Lost Omens:希望の種子

再び、彼女の夢の中で角笛が鳴っていた。 夢の中では、それらはすべて一緒に響き渡っていた:警報と、戦の行進曲と、そして退却の狂乱した叫び声だ。呼び声は重なり合って混沌としていたが、ヴェルドリエンヌはそれらを全てはっきりと聞き取った。そし...
未分類

Tales of Lost Omens:雨の降るとき

「クーヴォ、おいでなさいよ!」 セリエットはクーヴォの袖を引っ張ると、彼の集中力を乱し、複雑な精神のトランスを意味不明なものへと崩壊させた。同僚の学徒に目をしばたかせ、彼はセリエットの大きな防水用の外套に困惑した。マガンビアの大地に最後に...
未分類

Tales of Lost Omens:ネズミ取り

当然のことだが、痕跡は酒屋へと通じていた。 通りの向かい側の隠れた止まり木から監視し、ウルソールはその場所を観察した。アブサロム・パドル地区の、悪臭がする不気味な残骸であった。死んだ魚が入り口付近の、雨に降られたばかりの泥の中に横たわ...
未分類

Tales of Lost Omens:世界は広がる

ハジダーは残り2人の学生達の間に、体を強ばらせて立っていた。かたや退廃したリザードフォーク、もうひとかたは残忍なエクジャエ・エルフであった。その時、彼らの虚弱な教師であるマウニョが、スタッフでジェスチャーをした。あたりには、蔓に覆われた尖塔...
未分類

Tales of Lost Omens:血の運命

私はそれが自分のもとにやってくる、ということを知っていた。私の運命は三度呪われていて、それが解かれることはないだろう。私の血も、私の生まれも、私の信念も。私が自分が選ばれることを知っていた。母さんが、教えてくれたように。 「13歳の年...
未分類

Tales of Lost Omens:栄光に縛られて

 イシャーニはイフリットの守護者の影に隠れて賑やかな市場を通り抜けた。 「こういうの好きじゃないわ。その……こういうことを、開けた場所でやるのって、危険だもの」  彼女は胸の近くで巻物ケースを握りしめていたが、既にそれは革...
未分類

Tales of Lost Omens:バッドドッグ

 ケッチは生い茂った修道院の植え込みを除いて、にやりと笑った。「ここがその場所に違いないぞ!」「そう思うのか?」 ウィックが矢筒から矢を抜いて、それを叩く。「最初の手がかりは何だったのかな。檻の中で惨めに暮らす友人達か、奴らが壁に描いた...
タイトルとURLをコピーしました