Archives

Tales of Lost Omens:On The Move

 ンカヤーは樹上高くであくびをした。放浪者の偵察と保護という仕事は、常に、移動中の方が楽しい。移動中は、足音に気をつけ、木々の後ろに静かに隠れたり、エクジャエの土地を通り過ぎる異邦人や訪問者を見渡せるように、ジャングルの樹冠に登らなければな...

Tales of Lost Omens:嵐の前の静けさ

「ムアブリの村からは、雷光で結ばれた、金の粉をまぶした土鍋を持ってきました。村の陶工たちが陛下に遺したもので、彼らの仕事が永遠に忘れられないように......」  クウィバは片方の耳でドラゴン・ウォーデンの第一議長の話を聞きながら、暖...

Tales of Lost Omens:偶然の出会い

 ジエラ、走らないで! 私よ、お姉さんよ! 来て。聞いてね。時間がないの。  まず、なんで外に、こんな通りにいるの? レッスンの時間じゃないでしょう? 私についてきて。いえ、私たちかしら? まあ、どっちでもいいわね。  ジエラ。...

Tales of Lost Omens:黄金の破片

「迷子になったのか、幼子よ」 ヒオバは、アゴイベンの森の有名な「ひび割れた森」の一本の木の、その黄金の葉と大きな黄金の幹を見上げていた。声に驚いて、彼女はその主に向き直るために振り返った。小柄な、だが、力強さを感じさせる女性が、十数歩...
未分類

Tales of Lost Omens:前兆

ごめんなさいね、その絵は売り物じゃないのよ。この特別な絵は、自分のためにとってあるの。 どうしてかって? そうね……雨の日の午後の過ごし方としては、あなたみたいなお友達とお話をするのはとてもいいことでしょうから、もし、聞いてくれる時間...

Tales of Lost Omens:七回目の落第

16.528……7を動かして……。 泰平は頭の中で数字を押さえこもうとしたが、ジタバタと踊るだけで終わった。だが、なんとかなりそうだ。硯に筆を浸し、右手首の裏、金色の肌に銀色の点が正確な間隔で浮き上がっている箇所を見つける。点を10個...

Tales of Lost Omens:月下の手がかり

生き物が、男の喉を爪で引き裂いた。木の葉が散らばる森の地面に、血しぶきが飛び散った。毛むくじゃらの体が、死体を地面に押しつける。その生き物の喉から低い、ノコギリの刃を引くような唸り声が出ると、カミソリのように鋭い歯に唇が覆い被さった。 ...

Tales of Lost Omens:最初の一歩

花だって。ふん。 テフはデコボコとした地面を踏みしめながら不平を口にした。整備された土の道というものは、今や、すっかり無くなってしまっていて、靴の下に根っこのでっぱりや躓きそうな小石を感じる。遠く通り過ぎていった大空の、視界に入らなく...

Tales of Lost Omens:死出の願い

少なくとも今回は、ニュートは自分が巻き込まれつつある厄介ごとを知っていた。 ジョエンのせいだ。いつもジョエンのせいなのだ。さらに悪いことに、ニュートは彼に恩義があった。アブサロム最大の図書館であるフォラエ・ロゴスで調べ物をしているとこ...

Tales of Lost Omens:攻撃陣形

「我々なら、出来る」 その言葉は、グローリアス・ペイオフ号の狭いながらも設備の整ったキャプテン・キャビンに響いき渡った。パスファインダー協会の派閥であるヴィジラント・シールのリーダー、エアンド・クラインが興奮気味に、そして確信を持って...

Tales of Lost Omens:ジャングルは全てを奪う

「ここかもしれませんね」 アリヤマがウェイファインダーを見ながら、慎重に口にした。 このジャングルは非常に暑く、じめじめとしていたが、彼女はそのような様子を見せなかった。絹の袖に紫のキルトのダブレットを身につけていた。セルリアン...
未分類

Tales of Lost Omens:異邦人に優しさを

Tales of Lost Omens:異邦人に優しさを Be Kind to Strangers スタッフ長のパトロスは再び冷笑した。アイビーは、それが自分にとって問題を呼び込むことになるだろうということを知っていた。このウェイトレスに...
未分類

Tales of Lost Omens:繋がり

ツーロンはその女から片目を話さないまま、報告書のページをめくった。彼女は病で青白く、そして絶えず咳払いをしていたが、その印象が覆ることはなかった。彼女は弱々しい微笑みを彼に向けた。にっこりとした、というよりは、しかめっ面に近かった。彼は報告...
未分類

Tales of Lost Omens:生まれ変わるということ

森の合間で、木やその他のものが弾ける賑やかな音もなしに、炎がまたたいていた。四匹の魚が、ブルーブロンドのフライパンの上で、安全に食べられる程度に冷ますために隅の方に置かれ、じゅうじゅうと音を立てていた。ロウソクと香料を練った棒が地面に設置さ...
未分類

Tales of Lost Omens:偶像と大鎌

伝説によれば、フォッグ・ピーク・ホールドに訪れた終焉を生き延びたのは、たった一人の男だった。 パスファインダー協会の賢者達は、それは間違いだというだろう。五人がどうにか生き延びたが、いまだ正気でいる者はたった三人しかいない。東の小道の崩落...
未分類

アイコニック・エンカウンター:虫の女神の信者と囁きの女神の信者

メリシエルは深く空気を吸い込み、息を止め、それからゆっくりと吐き出して、リラックスしようとした。彼女の腕はバランスを保ち、掌を上向けたまま、細い椅子のアームレストに添えられていた。うまくいかない。彼女の腹部はきっちりと締まったままで、「腹の...
未分類

風謡いの聖典:時間の対価

数多なる者シャイカShyka the Manyのトロフィー・ルームには、この老いたる者Eldestが昔から貯め込んできた無数の宝物の間に、骨と黄金が縞のようになって出来た玉座がある。 玉座の上には、黒い色が血管のように差した赤い瑪瑙がある...
未分類

風謡いの聖典:創造の時代の憤怒

最初の七つの世界が終わるのに、一日と経たなかった。 この七つの世が死ぬ前、物質界が時代を過ごす物語めいた旅を始める前、神々は自分達の誰かがそのような破滅をもたらすとは思っていなかった。結局のところ、定命の者の領土は、あらゆる神格の信者達が...
未分類

神格について

ゴラリオン世界の神格について ゴラリオン世界には様々な神々がいるので、その一部(有名どころ)をご紹介する。 以下の記事はPF2のコアルールブック記載内容をもとに、筆者の解釈などを交えたものです。 LG=秩序にして善、LN=秩序にして中...
未分類

風謡いの聖典:アイオーメディの御業

我々は神の智慧から多くを学ぶことが出来るが、同じくらい多くのことを、神の行動からも学ぶことが出来る。真に信仰心ある者は、神そのものですらも過ちを起こすことがあり、言葉や予言は常に十分ではないことを理解している。人の中で神に過ちを見出さないも...
未分類

風謡いの聖典:家族の絆に

家族の絆は強靭で、神々ですら残虐行為と醜悪さに対して盲目にすることがある。そして、兄弟を信頼することの危険を、ゾン=クーソンの妹シェリン以上に知る神はいない。 ゴラリオンでの定命の命の最も古い日々において、ゾン=クーソンはいなかった。...
未分類

風謡いの聖典:おぞましくも美しきもの

地下に埋葬された死者の上で虫が肥え、地上の美の宴会を支えているのを見るのに、美しき花から遠くを見る必要はない。こういった真実は神々にも知られている。闇なきところに光はなく、死のないところに生はなく、悪なきところに善はない。神々の内の最初の者...
未分類

風謡いの聖典:ファラズマの三つの恐怖

「現世は生まれ、現世は死ぬ。すなわち、汝も我もその狭間のいずこかに住まっている」 言語や知性のあるなしに関わらず、誰もが理解するような方法で、この言葉が『封』に刻まれているという。 『封』とは以前の現世の墓石であった。『封』とは...
未分類

Tales of Lost Omens:ドラゴンの恐怖

彼らはドラゴンについて話をしていた。 ウガロは岩だらけの突起の上に腹ばいになり、肘を使って荒い地面の上を急いで動いた。岩が痣にこすれたが、彼は痛みに耐えて黙っていた。 「だが、タルドールにはドラゴンはいないぞ! 何百年もだ! 2,0...
未分類

Tales of Lost Omens:デッキの幻影

カードは狂っていた。 イリーナは興奮が小さなキャビンを動揺させているのを感じた。 それは別々の歌を奏でる時代遅れの1ダースもの楽器のように、鋭く、苛立たしい振動だった。 何かが来ていた。運命という波に乗り、その先の定め全てをね...
未分類

Tales of Lost Omens:輝けるもの、必ずしも金ならず

教会のノロマと同じように見られることも音を出すこともなく、トウィルプ・ファーファンはソティスのマルヒツ・バザーのまばらな真昼の群衆の間を滑り抜けていった。 真昼間の隠密行動は常にこのハーフリングをぞっとさせる。しかし、彼が砂埃を立てすぎる...
未分類

Tales of Lost Omens:天を離れし氏族

「お許しを……」 セリクはボレットとその他の弓使い一行を背にして、身をかがめた。 「愚かな十字軍め。そもそも彼は何故、ここにいるのだ? 我々は彼を必要としていない。我らが神がお戻りになり、氏族の残りの者と我々を合流させてくださっ...
未分類

Tales of Lost Omens:望み抱く者

「ご主人……」 賑やかな市場通りの騒音の中、少年が通行人の貴族に声をかけながら近付いた。 「お時間よろしいでしょうか、ご主人! 神の岩をお探しですか? 飛び込むための勇気がいりませんか? 試練を通過した者の祝福は?」 貴族は彼を無視し...
未分類

Tales of Lost Omens:希望の種子

再び、彼女の夢の中で角笛が鳴っていた。 夢の中では、それらはすべて一緒に響き渡っていた:警報と、戦の行進曲と、そして退却の狂乱した叫び声だ。呼び声は重なり合って混沌としていたが、ヴェルドリエンヌはそれらを全てはっきりと聞き取った。そし...
未分類

Tales of Lost Omens:雨の降るとき

「クーヴォ、おいでなさいよ!」 セリエットはクーヴォの袖を引っ張ると、彼の集中力を乱し、複雑な精神のトランスを意味不明なものへと崩壊させた。同僚の学徒に目をしばたかせ、彼はセリエットの大きな防水用の外套に困惑した。マガンビアの大地に最後に...
未分類

Tales of Lost Omens:ネズミ取り

当然のことだが、痕跡は酒屋へと通じていた。 通りの向かい側の隠れた止まり木から監視し、ウルソールはその場所を観察した。アブサロム・パドル地区の、悪臭がする不気味な残骸であった。死んだ魚が入り口付近の、雨に降られたばかりの泥の中に横たわ...
未分類

Tales of Lost Omens:世界は広がる

ハジダーは残り2人の学生達の間に、体を強ばらせて立っていた。かたや退廃したリザードフォーク、もうひとかたは残忍なエクジャエ・エルフであった。その時、彼らの虚弱な教師であるマウニョが、スタッフでジェスチャーをした。あたりには、蔓に覆われた尖塔...
未分類

Tales of Lost Omens:血の運命

私はそれが自分のもとにやってくる、ということを知っていた。私の運命は三度呪われていて、それが解かれることはないだろう。私の血も、私の生まれも、私の信念も。私が自分が選ばれることを知っていた。母さんが、教えてくれたように。 「13歳の年...
未分類

Tales of Lost Omens:栄光に縛られて

 イシャーニはイフリットの守護者の影に隠れて賑やかな市場を通り抜けた。 「こういうの好きじゃないわ。その……こういうことを、開けた場所でやるのって、危険だもの」  彼女は胸の近くで巻物ケースを握りしめていたが、既にそれは革...
未分類

Tales of Lost Omens:バッドドッグ

 ケッチは生い茂った修道院の植え込みを除いて、にやりと笑った。「ここがその場所に違いないぞ!」「そう思うのか?」 ウィックが矢筒から矢を抜いて、それを叩く。「最初の手がかりは何だったのかな。檻の中で惨めに暮らす友人達か、奴らが壁に描いた...
タイトルとURLをコピーしました