錬金術アイテム

錬金術アイテム Alchemical Items

錬金術アイテムは魔法のアイテムではない。それらは代わりに、揮発性の化学物質、見慣れぬ鉱物、効力ある植物、そしてその他の物質といった錬金術試薬と総称されるものの性質を利用する。このように、錬金術アイテムは魔法のオーラを発することはなく、ディスペル・マジックによって解除も影響もされない。その効果は一定の時間あるいは何らかの方法(一般的に物理的手段)によって無効化されるまで持続する。

時々、錬金術試薬の反応によって魔法のものに見える効果が作り出されることも、純粋に反応であるものと不可解なものの間をまたぐようなこともある。アルケミストは試薬に独自のエッセンスを注入し、金銭的コストなしに実質的に短期間しか効力の無い錬金術アイテムとして機能させることが出来る。こういった場合であっても、錬金術アイテムは魔法のオーラを発することなく、アルケミストが注入したエッセンスを代わりに、そのアイテムの錬金術効果の追加触媒として用いる。

錬金術アイテムの作成についてのルールは244ページの“製作”の活動のところに記載されており、錬金術アイテムの作成のためには《錬金術製作》の技能特技を持っていなくてはならない。錬金術アイテム作成のための〈製作〉にファンブルすると、しばしば、素材のいくらかを失うのに加えて、爆弾ならば爆発、毒ならば偶発的な毒への暴露といった危険な効果を引き起こすことがある。

錬金術アイテムには、“製作”の活動に記載されているもの以外に追加の条件を持つものがある;こういった居て無には、製作条件の項目に条件が記されている。

全ての錬金術アイテムは錬金術の特性を持つ。ほとんどのものはまた、消耗品の特性を持つ。これは、そのアイテムがひとたび起動されれば使い切りであることを意味している。、エリクサー、そして毒の特性は錬金術アイテムの特殊なカテゴリを示しており、それらは以下に記されている。これらの特性のどれも持たない錬金術アイテムは錬金術道具と呼ばれ、554ページに更なる記載がある。

この項目には、下記のカテゴリが含まれている。
特殊なルールは関連項目の開始時点に記載されている。

・錬金術爆弾は544ページ
・錬金術エリクサーは546ページ
・錬金術毒は550ページ
・錬金術道具は554ページ

表11-2:レベルごとの錬金術アイテム

表11-2にはレベル及びカテゴリごとに並べられた錬金術アイテムが、主にアルケミストのキャラクターの索引として記されている。

錬金術爆弾 Alchemical Bombs

錬金術爆弾は、爆弾がクリーチャーや物体に命中した際に爆発する、揮発性の錬金術構成要素を組み合わせたものである。おhとんどの錬金術爆弾はダメージを与えるが、他の効果を生み出すこともある。爆弾は爆弾の特性を持つ。

爆弾は20フィートの射程単位を持つ軍用投擲武器である。君は爆弾を投擲する際、他の武器と同じように大将のACに対して武器攻撃ロールを行う。爆弾を抜き、準備し、投擲するには一本の手が必要である。爆弾の準備に含まれる複雑さのため、錬金術爆弾を投擲するための“打撃”は操作の特性を持つ。爆弾は“打撃”で投擲される際に起動する――君はそれと別に起動をする必要はない。

飛散の特性 Splash Trait

ほとんどの爆弾は飛散の特性を持っている。君が飛散の特性を持つ投擲武器を用いる際、君はダメージロールに筋力修正値を加えない。もし飛散武器での攻撃が失敗、成功、あるいはクリティカルしたなら、対象の5フィート以内にいる全てのクリーチャー(対象を含む)は記載された飛散ダメージを受ける。失敗(ただしファンブルではない)の場合、攻撃の対象はそれでも飛散ダメージを受ける。対象の抵抗あるいは弱点を適用する前に、対象に対する初期ダメージと飛散ダメージを足し合わせること。君はクリティカル時に飛散ダメージを倍にすることはない。

例えば、もし君がレッサー・アシッド・フラスクを投擲し、対象に命中させたなら、そのクリーチャーは、1点の強酸ダメージ、1d点6の継続強酸ダメージ、そして1点の強酸飛散ダメージを受ける。5フィート以内の全ての他のクリーチャーは1点の強酸飛散ダメージを受けるだろう。クリティカルしたなら、対象は2点の強酸ダメージ、2d6点の継続強酸ダメージを受けるが、飛散ダメージはそれでも1のままである。もし君が失敗したなら、対象は1点の飛散ダメージのみを受けるだろう。ファンブルしたなら、誰もダメージを受けることはないだろう。

錬金術爆弾のリスト

錬金術エリクサー Alchemical Elixirs

エリクサーは飲むことによって使うことの出来る錬金術の液体である。これはエリクサーの特性を持つ。これらの効力ある調合物は飲んだ者に錬金術の利益を与える。全てのエリクサーは同じ一般ルールに従うが、変異薬(下記に記す)はその使用に適用される追加ルールを持つ。

エリクサーの起動 Activating Elixirs

君は大抵の場合、飲む際や別のクリーチャーに飲ませる際に“使用”でエリクサーを起動する。君は間合い内におり、君がそうするのを妨げることが出来ないか、同意するクリーチャーにのみ、エリクサーを飲ませることが出来る。君は大抵の場合、エリクサーの消費や別のクリーチャーにエリクサーを飲ませるのに一本の手だけを必要とする。

変異薬 Mutagens

変異薬の特性で示されているように、これらのエリクサーは飲んだ者の肉体を変形させ、その精神を変質させる。一般的には、アルケミストだけが変異薬を作る専門技術を有しており、それらを使うほどに向こう見ずなのは彼らだけだと言う者もいる。

変異薬には常に一つ以上の有益な効果(利益の項目に記されている)と、一つ以上のデメリットのある効果(欠点の項目に示されている)がペアになっている。

変異薬はポリモーフ効果であって、次のポリモーフ効果は既存の効果の無効化を試みる;変異焼くの無効化判定はそのアイテム・レベルと、そのレベルのDC-10に等しい修正値を用いる。これは、表10-5:レベルごとのDCに記載されている通りである。

錬金毒 Alchemical Poisons

錬金毒は自然の資源から蒸留あるいは抽出された効力ある毒で、管理するために強められることも弱められることもある。それぞれの毒のステータス・ブロックには価格と一服の特徴が書かれている。毒は一般的に瓶に保管されているか、その他の種別の安全で堅固な容器に保管されている。錬金毒を使うには、“使用”アクションを用いる。毒は一般的に食べ物に注ぐか、空中にまき散らすには片手が必要である。武器や別のアイテムに毒を塗るには二本の手が必要である。片手でその武器あるいはアイテムを持つのである。毒の使用方法の項目には、一般的な使用方法に必要な手の数が示されているが、GMはその他の方法で毒を用いることによって別の機能の仕方をすると判断するかもしれない。

どのように毒やその他の苦難が機能するのかについての完全なルールは457ページから始まる。クリーチャーは毒に暴露されてすぐに、記載されているセーヴィング・スローを試みる;セーヴに失敗すると、記載されている潜伏期間が終わった後、そのクリーチャーは毒のステージ1に進む。

毒には猛毒の特性を持つものがある。これは効果を発揮しあなら、その毒を取り除くのがより難しいということを意味している;458ページの猛毒の苦難を参照すること。

暴露の方法 Method of Exposure

錬金毒は下記の特性の一つを持っている。これらは、どのようにクリーチャーがその毒に暴露されうるかを定義している。

接触:接触毒はアイテムに塗布するか、生きているクリーチャーの皮膚に直接、塗られることによって起動する。影響を受けたアイテムに最初に触れたクリーチャーはその毒に対するセーヴィング・スローを試みなくてはならない;もしその毒が直接に塗られたのなら、そのクリーチャーは毒が皮膚に触れてすぐにセーヴィング・スローを試みなくてはならない。接触毒は自らに毒を与えること無く毒を運ぶ手段が必要であるため、武器攻撃を通じてクリーチャーに影響を与えるのは不可能である。一般的に、接触毒の潜伏期間は1分である。

摂取:摂取毒は生きているクリーチャーによって消費される食料か飲み物に入れるか、生きているクリーチャーの口に直接に入れられることによって起動する。毒を飲んだか、毒が盛られた食料あるいは飲み物を口にした時点で、クリーチャーはそういった毒に対するセーヴィング・スローを試みる。摂取毒の潜伏期間は大抵、1分から1日に間である。

吸入:吸入毒はそれを容器から解き放つことによって起動する。解き放たれたなら、毒は、1分間か、強力な風が雲を散らすまで持続する、10フィートの立方体を満たす雲を作り出す。この雲に入った全てのクリーチャーは毒に暴露され、それに対するセーヴィング・スローを試みなくてはならない;雲に入る前に毒のことを知っていたクリーチャーは息をこらえるために1アクションを使うことが出来て、1ラウンド、セーヴィング・スローに+2状況ボーナスを得る。

致傷:致傷毒は武器あるいは矢弾に塗ることによって起動し、毒が塗られた武器を使った最初の「打撃」の対象に影響を与える。もしその“打撃”が成功で、刺突あるいは斬撃ダメージを与えるのなら、対象は毒に対するセーヴィング・スローを試みなうてはならない。「打撃」が失敗したなら、対象は影響を受けないが、武器に毒は残り、再び挑戦することが出来る。ファンブルしたか、何らかの理由によって「打撃」が斬撃あるいは刺突ダメージを与えなかったのなら、その毒は消費されるが対象は影響を受けない。

錬金道具 Alchemical Tools

錬金道具は飲むことの出来ない消耗品アイテムである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました