キャットフォーク

Wikis > その他サプリ > 祖先 > アンコモン > キャットフォーク

キャットフォーク Catfolk

 キャットフォーク 人型生物
Source Advanced Player’s Guide pg. 9
好奇心が強く、社交的な放浪者であるキャットフォークは、外見と気質の双方においてネコ科と人形生物を組み合わせた特徴を持つ。彼らは新しいことを学び、新しい物語や装身具を集め、そして愛する人々の安全と幸福を守ることを楽しむのである。キャットフォークは自分たちを世界にある自然の場所の選ばれた守護者であるとみなし、圧倒的な敵に直面したときにですら、しばしば向こう見ずなほどに勇敢である。


キャットフォークのルール Catfolk Mechanics

ヒット・ポイント Hit Points

8

サイズ Size

速度 Speed

25フィート

能力アップ Ability Boosts

敏捷力
魅力
フリー

能力ダウン Ability Flaw(s)

判断力

Languages

共通語
キャットフォーク語
君の知力修正値(もし正の値なら)に等しい追加の言語を選ぶ。竜語、エルフ語、ノーム語、ゴブリン語、ハーフリング語、イラクシ語、巨人語、森語、あるいは君が入手手段を持つその他の言語(君の地域に関連する言語など)。Additional languages equal to your Intelligence modifier (if it’s positive). Choose from Draconic, Elven, Gnomish, Goblin, Halfling, Iruxi, Jotun, Sylvan, and any other languages to which you have access (such as the languages prevalent in your region).

夜目 Low-Light Vision

君は明るい光の下であるかのように薄暗い光の下で見ることができるので、薄暗い光による視認困難を無視する。

猫の着地術 Land on Your Feet

落下した際、君は通常の半分のダメージのみを受け、伏せ状態にならない。


キャットフォークは外交的で活動的な人型生物であり、隠された廃墟であれ、昼寝をするのに快適な場所であれ、発見を喜ぶ。彼らは、結びつきの強い自分たちの共同体においても、出会った他のクリーチャーとの間でも、並外れて社交的である。注目すべき勇敢さを持つキャットフォークは自分たちを、迫り来る敵に対しての世界を守る者であると思っており、強力な連帯、幅広い経験、そして絶え間のない自己研鑽がその戦いの助けになると思っている。

キャットフォークは反射神経に優れ、空中を落下している最中に体を自分でひねって足で着地することができる。反射神経の素早さと同じくらいにキャットフォークは機嫌がかわりやすく、一瞬のうちにあふれんばかりに喜びから憤激へと変わる。通常のネコ科と同じように、キャットフォークは満足していると無意識にゴロゴロと音を立て、驚いた際や怒っている際に唸りを上げる。

好奇心が強く、勇敢で友好的であり、身も心も俊敏なキャラクターをプレイしたいなら、キャットフォークをプレイするとよいだろう。

君は、もしかしたら…… You Might…

  • 精力的な質問を行うことによって、本物の興味を示す。
  • よそよそしい態度を取ったり、単純にその場を去ることによって個人的ないさかいを避ける
  • 素早く打ちのめす前に対象や問題を注意深く偵察する

他人は、もしかしたら…… Others Probably…

  • 君が絶え間ない質問や意見によって会話を独占していると思う
  • 君のことを高慢でプライドが高いと思っている
  • 無意識のうちに鳴いたり、うなり声を上げたりすることに、君が感じている以上の感情を持つ

肉体的特徴 Physical Description

全てのキャットフォークは二足歩行し、柔らかい毛皮、長い尾、大きな耳に縦長の瞳孔を持つが、元々のネコ科と同じくらいに多様性に富んでいる。キャットフォークは短い爪を持つ機敏な指があり、通常はそれを引っ込めることができる。ほとんどのキャットフォークは見た目を整えることを大いに誇りを抱いており、濡れたり汚れたりすることを避けられる際にそのような屈辱を味わうことは滅多にない。

キャットフォークは成熟が早く、生後数ヶ月で歩くことができるようになるが、それ以外については、人間と概ね同じ程度の年齢からキャリアをはじめ、60才から70才程度まで生きる。キャットフォークが平均的な人類よりも背が高いということは稀である。また、痩せた体格をしているため、同じ身長の人類よりも体重があるということは、ほとんどない。

社会 Society

キャットフォークは自分たちのことをアムランと呼ぶが、多くの者はこの名を秘するべきだと考えている。彼らは大規模な家族の集団で子育てをする。そこで他の多くの人形生物が苦痛と感じるような自由な裁量を与えられ、驚くほど幼い頃から冒険や問題に巻き込まれるのである。キャットフォークは縛りの緩い徒弟制度を通じて職業を学び、生涯にわたっていくつかの職業を習得するものが大半である。

キャットフォークの社会では、しばしば、共同体の代弁をし、紛争を調停するリーダーが任命され、その人物が代表者となる。キャットフォークのリーダーは多くの場合は術者であり、たいていの場合は女性である。キャットフォークは不満がある場合、無関心であることをあからさまにしたり、一時的に共同体を離れることによって問題が沈静化したり、勝手に解決してくれることを好む。

属性と宗教 Alignment and Religion

キャットフォークは特に信心深い種族ではないが、ほとんどの者は、自分たちが自然の場所を損ない、現世を壊すために労を惜しまぬ憎悪すべき悪と戦い、原始的な猫から立ち上がって進化したのだと信じている。神々はキャットフォークを祝福し、、道具、武器、として強力な共同体の感覚を与えたのである。

Most catfolk are good. They enjoy the freedom to travel and like to set their own paths in life, so more catfolk are chaotic than lawful. Religious catfolk most often practice a nebulous form of animism, appeasing the spirits of the land and the creatures they hunt to preserve the natural order.
Adventurers
Catfolk delight in venturing into unexplored areas, whether untrammeled wildernesses or ancient dungeons. They like finding treasures and baubles, but for most catfolk, the experience of the journey itself is the true reward.

Typical catfolk backgrounds include acrobat, artist, gambler, hunter, nomad, and scout from the Core Rulebook, plus bandit, courier, insurgent, outrider, and root worker from this book. Catfolk’s inherent curiosity and agility mean they excel as swashbucklers, bards, fighters, and rogues. Their love of the natural world and drive to puzzle out secrets of all types leads many to become investigators, druids, or sorcerers.

Names

Catfolk are given short names in their youth. Adolescent catfolk are free to choose a different name when they first leave home, though some simply keep the name they’ve gotten used to. Catfolk love to add titles and honorifics to their names. Some catfolk use their titles exclusively among non-catfolk, and so become known by epithets like Six Fates, Fiend Killer, or Mistcloak.
Sample Names
Alyara, Crinto, Drewan, Espes, Ferrus, Gerran, Halhat, Hoya, Ruun, Sevastin, Tespa, Yonsol, Zakkar, Zathra

Other Information

Catfolk Luck
Catfolk are known for their luck, which they traditionally draw from spirits of creation that they’ve pleased or emulated. Many catfolk tend to experience this luck as an insistent urge that feels like a warning from a benevolent presence they can’t perceive. Others experience it as a reflexive awareness of danger beyond their normal senses. More spiritual catfolk try to tune into the warnings from the spirits of fortune through an art known as serendipity reading.

Murraseth

Murraseth is the largest of several remote catfolk-majority city-states in central Garund. Even distant catfolk take pride in its guilds and its Houses of Names—labyrinthine, live-in galleries for artists and performers who retell catfolk discoveries and tales. Many catfolk consider visiting a House of Names an important life milestone.

Guilds dominate Murraseth. Perhaps the most distinctive of these groups is the Circle of Lifeshapers, comprised of polymorph specialists and healers.

Other Catfolk

Numerous catfolk ethnicities exist beyond the Inner Sea. The black-spotted Guarrxil of southern Arcadia are renowned for their principled mercenary companies and heroic rangers. The mysterious Caimurru of the western Arcadian coast trade more with First World caravans than with other mortals. The Lyashtaki catfolk of the Valashmai Jungle sometimes make treks far from the jungle via coast-hopping boats.

Category:

コメント

タイトルとURLをコピーしました