アンドロイド

Revision for “アンドロイド” created on 2022年1月18日 14:51:54 [自動保存]

タイトル
アンドロイド
コンテンツ
<h2>アンドロイド Androids</h2> <span class="badge badge-red">レア</span> <span class="badge badge-red">アンドロイド</span> <span class="badge badge-red">人型 </span><b>Source </b><i>Ancestry Guide pg. 69</i> 別の世界からの技術ある放浪者であるアンドロイドは合成された肉体と生きた魂を持つ。二つの本質によって彼らはプレッシャーがあっても思考が素早く、落ち着いている。 だが、静けさと孤独を心地よく感じるのである。 アンドロイドは「星の雨」の間にゴラリオンに最初に到着した。それは、遥か遠き惑星アンドロッファの星間飛行体が衝突し、ヌーメリア中にデブリが散らばったときであった。アンドロイドの中には、この衝突を生き残って今日のゴラリオンをまだ歩き回っている者もいるが、ほとんどは、宇宙船の残骸の合間でよく活動している、鋳造ポッドという技術ポッドによって作られている。こういった機械の子宮から生を受けたアンドロイドは成人の肉体と新生児の魂を持ち、有機的でありながら合成物でもある;彼らは創造主の言語のみを知って生まれ、生存に必要な言動に関する技能のみを持つ。彼らは自分の周囲や原点、目的を理解していない。ほとんどのものはヌーメリアを放浪している間に鋭い観察を通じて所作を学ぶ。 アンドロイドは論理的かつ内向的、合理的かつ思索を好む傾向がある。好奇心が旺盛で、自分自身や周りの世界を理解しようとするため、知的な探求に大きな価値を置いている。自分や他人の感情を解釈し、表現することが苦手なため、よそよそしく、思いやりに欠ける印象を与える。アンドロイドは感情的な絆を築くことができるが、アンドロイドでない者との交流には困難を感じるだろう。 ファンタジー世界における異端の存在である被造物で、観察と論理の力だけで現実と社会のニュアンスを学ぶことを強いられるキャラクターをプレイしたいのなら、アンドロイドをプレイするべきである。 <h3 class="title">君は、もしかしたら...</h3> <ul> <li>他人が君を悪用したり、危害を加えるかもしれないと思って素性を秘密にしておく。</li> <li>単純な作業であっても、複数の事前準備をして計画を先に立てる。</li> <li>自分の行動、発明、思考を共有する前にその影響を計算する。</li> </ul> <h3 class="title">他人は、もしかしたら...</h3> <ul> <li>君が技術の操作方法を知っており、人造やロボットと意思疎通する能力があると思っている。</li> <li>君が不死身だと思っていて、その永遠の若さと活力を羨む。</li> <li>君には感情がなく、他人と感情的な絆を築くことが出来ないと思っている。</li> </ul> <h3>肉体的特徴 Physical Description</h3> アンドロイドは人類の似姿として作られている;つまり、工房はあらゆる人類に似せてアンドロイドを生産する。アンドロイドは肌の色、民族、身長、体つき、性別などが多岐にわたるのである。アンドロイドは人間と同じように呼吸し、食事をし、睡眠するが、生殖機能を持たない。彼らの肉体には、血というのはあまりにも水っぽい液体によって運ばれる微細なナノマシンが含まれており、それが有機的な過程を処理している。こういったナノマシンはタトゥーを思わせるような生物学的な回路を通じて制御されており、一般的にそれはアンドロイドの手、腕、顔、首に位置している。多くのアンドロイドはこの回路を光らせ、ナノマシンを操って肉体の効率を高めることが出来る。 アンドロイドは加齢しない。代わりに、その有機的な外見は時間の経過によって説得力を失い、より人工的に見えるようになっていく。百年も経てば、ほとんどのアンドロイドは終わりの時を察して喜んで魂をボーンヤードへ解放してファラズマの裁きを迎える。彼らの肉体は、その後にシャットダウンし、ナノマシンがプロトコルを回復しはじめ、元々の人工の状態に合成された肉体をリセットするという、命なき冬眠状態に入る。数週間すると、新しい魂がアンドロイドに入り、初期化を始める。この過程は、新生と呼ばれ、子どもが生まれるのに似た、祝福すべき出来事である。暴力によって死亡した者は新生することがないため、アンドロイドは自分の身を守り、仲間を害から守るために多大な努力をする。 <h3 class="title">社会 Society</h3> アンドロイドはヌーメリアの隣人によって発掘され、奴隷にされ、破壊されてきたという歴史を持つため、生き残るために隠れている。ほとんどの者は人間社会に馴致するか、遊牧民のライフスタイルに適応して、祖先を秘密にしておく。アンドロイドには、同類の中にで生き、人類を避ける者もいる。こういったグループは、必要に応じた小さなものである;二人一組でいれば、注意深く秘密を保つことで危険を回避できるが、大きなグループでは注目を浴びてしまう。 アンドロイドの共同体は効率的で高度に組織化されている。市民それぞれが役割を理解しており、それを効率的に満たすことに誇りを持つ。アンドロイドは教育と探求によって自分達と世界のことを理解しようとするため、議論と教示が盛んに行われる。見つかってしまったなら、こういった閉鎖的な秘密の領土は場所を変えるだろう。 <h3 class="title">属性と宗教 Alignment and Religion</h3> ほとんどのアンドロイドは中立である。彼らは自分と仲間、そして種族の安全を重要視する。宗教に興味があるアンドロイドはたいていの場合、カサンダリーかブライといった、発明と生命を合一させる女神を信仰している。その他の人気が高い神格は、デズナ、イローリ、ゴズレーである。 <h3 class="title">冒険者Adventurers</h3> Most androids become adventurers to protect their kin from harm or to research the history of their people, typically by exploring technological ruins. Androids survive through deception, stealth, and subterfuge, which leads many down the path of the <a href="https://2e.aonprd.com/Classes.aspx?ID=10">rogue</a>. Others embrace their thirst for knowledge and understanding by becoming <a href="https://2e.aonprd.com/Classes.aspx?ID=1">alchemists</a>, <a href="https://2e.aonprd.com/Classes.aspx?ID=8">monks</a>, or <a href="https://2e.aonprd.com/Classes.aspx?ID=12">wizards</a>. Typical android backgrounds include <a href="https://2e.aonprd.com/Backgrounds.aspx?ID=21">hermit</a>, <a href="https://2e.aonprd.com/Backgrounds.aspx?ID=28">nomad</a>, <a href="https://2e.aonprd.com/Backgrounds.aspx?ID=36">scholar</a>, and <a href="https://2e.aonprd.com/Backgrounds.aspx?ID=34">tinker</a>. <h3 class="title">Names</h3> Androids adopt the naming conventions of their surrounding societies, while those raised among their own kind instead select a single name that utilizes Androffan phonology. Occasionally, such androids add a numerical designation to their names, denoting how many generations their body has hosted life as a kind of homage to their bloodline. <h4 class="title">Sample Names</h4> Anati, Daniv, Era-4, Feralia, Gelegor, Ilgos-5, Koresh, Oris, Prime, Urdun, Verity-3, Ymry <h2 class="title">Other Information</h2> <h3 class="title">Android Settlements</h3> Androids are primarily found in Numeria, where they hide among humans or travel as nomads. A large number live openly in Starfall under the protection of the Black Sovereign. The slopes of Silver Mount house multiple android enclaves and archaeological teams, including Enseffa, the center of Androffan society. In the town of Hajoth Hakados, the locals help androids secretly flee Numeria for lands where they face less hatred. Hidden in a series of tunnels and caverns beneath the Numerian Plains, the androids of Szamrak's Haven believe androids are a superior life-form. They hunt for foundries with the intent of liberating all androids, conquering Numeria to found an android-only nation, and eventually returning their people to their home amongst the stars. <h3 class="title">Casandalee and Androids</h3> Once an artificial intelligence cloned from the mind of an alien android, <a href="https://2e.aonprd.com/Deities.aspx?ID=34">Casandalee</a> recently ascended as the goddess of artificial life, free thinking, and intellectual apotheosis. Despite the small size and relative obscurity of her religion, the androids of Numeria have embraced Casandalee as their own. They seek to better bridge the gap between artificial and organic lifeforms, thereby improving the lives of androids. <h3 class="title">Thoughts on Androids</h3> Other people view androids through a lens of magic and superstition. Most consider androids eccentric spellcasters, often confusing them with tattooed Thassilonian wizards. Others see an android's glowing circuitry and assume they're planar scions. In the River Kingdoms, androids are often thought to be <a href="https://2e.aonprd.com/Traits.aspx?ID=69">fey</a> that imperfectly took on human form and thus can't stand the touch of <a href="https://2e.aonprd.com/Equipment.aspx?ID=375">cold iron</a>. Peoples in Ustalav frequently confuse androids for spirits, believing they can be held back by salt circles or banished through pious prayers. <h2 class="title">Android Mechanics</h2> <h3 class="title">Hit Points</h3> 8 <h3 class="title">Size</h3> Medium <h3 class="title">Speed</h3> 25 feet <h3 class="title">Ability Boosts</h3> Dexterity Intelligence Free <h3 class="title">Ability Flaw(s)</h3> Charisma <h3 class="title">Languages</h3> <a href="https://2e.aonprd.com/Languages.aspx?ID=1">Common</a> <a href="https://2e.aonprd.com/Languages.aspx?ID=62">Androffan</a> Additional languages equal to your Intelligence modifier (if positive). Choose from <a href="https://2e.aonprd.com/Languages.aspx?ID=12">Abyssal</a>, <a href="https://2e.aonprd.com/Traits.aspx?ID=23">Celestial</a>, <a href="https://2e.aonprd.com/Languages.aspx?ID=2">Draconic</a>, <a href="https://2e.aonprd.com/Languages.aspx?ID=3">Dwarven</a>, <a href="https://2e.aonprd.com/Languages.aspx?ID=11">Undercommon</a>, <a href="https://2e.aonprd.com/Languages.aspx?ID=36">Utopian</a>, and any other languages to which you have access (such as the languages prevalent in your region). <h3 class="title"><a href="https://2e.aonprd.com/Rules.aspx?ID=416">Low-Light Vision</a></h3> You can see in dim light as though it were bright light, and you ignore the <a href="https://2e.aonprd.com/Conditions.aspx?ID=4">concealed</a> condition due to dim light. <h3 class="title">Constructed</h3> Your synthetic body resists ailments better than those of purely biological organisms. You gain a +1 circumstance bonus to saving throws against <a href="https://2e.aonprd.com/Traits.aspx?ID=46">diseases</a>, <a href="https://2e.aonprd.com/Traits.aspx?ID=126">poisons</a>, and radiation. <h3 class="title">Emotionally Unaware</h3> You find it difficult to understand and express complex emotions. You take a –1 circumstance penalty to <a href="https://2e.aonprd.com/Skills.aspx?ID=6">Diplomacy</a> and <a href="https://2e.aonprd.com/Skills.aspx?ID=12">Performance</a> checks, and on Perception checks to <a href="https://2e.aonprd.com/Actions.aspx?ID=85">Sense Motive</a>.
抜粋


OldNewDate CreatedAuthorActions
2022年1月18日 14:51:54 [自動保存] otohime00
2021年12月17日 17:04:42 otohime00
2021年5月23日 23:37:58 otohime00

コメント

タイトルとURLをコピーしました