アナディ

Wikis > その他サプリ > 祖先 > レア > アナディ

アナディ Anadi

レア アナンディ 人型生物
Source The Mwangi Expanse pg. 103 2.0
アナディは、ガルーン度南部のジャングルで生まれた、知性ある蜘蛛である。彼らは多くの点で生まれながらの変身生物のように振る舞うが、実際には、その2つの形態は注意深く開発された魔法に由来するものである。

アナディのルール要素 Anandi mechanics

ヒット・ポイント Hit Points

8

サイズ Size

速度 Speed

25フィート

能力アップ Ability Boosts

敏捷力
判断力
フリー

能力ダウン Ability Flaw(s)

耐久力

Languages

アナディ語
ムワンギ誤
知力修正値に等しい追加の言語(もし正の値なら)。竜語、エルフ後、ノール語、イラクシ語、オーク語、森語および君が入手手段を持つ他の言語から選ぶこと(例えば、君の地域に関連する言語)。

変身 Change Shape

変身


アナンディ   ポリモーフ 変成術
Source The Mwangi Expanse pg. 103 2.0
君は人間か蜘蛛の姿に変化する。それぞれの姿には、特定の、継続的な外見がある。人間形態でいる間、君は祖先から与えられた素手打撃を使うことが出来ない。君は、蜘蛛形態で登攀している際、立ちすくみにならない。しかしながら、蜘蛛形態でいる間、君は武器、盾、あらゆる種類の手に持つアイテムを使うことが出来ず、君は操作の特性を持つアクションに制限を受ける。君がとることが出来る唯一の操作アクションは、動作要素のない「呪文の発動」、絹を織る、巣を作る、あるいは施錠されていない扉を開けるというような単純な「使用」アクションである。君の蜘蛛の足は、指や、明らかに手の器用さを必要とするアクションを使うことが出来ない。これには、達成するのに判定が必要なあらゆるアクションが含まれる。GMは、君の蜘蛛の足で可能な他の操作アクションを判断する。

牙 Fangs

君は狩猟と自衛の天然の手段をもって生まれた。君は1d6点の刺突ダメージを与える牙の素手打撃を得る。君の牙は、格闘グループに属し、巧技と素手打撃の特性を持つ。

アナディの遺産

Source Core Rulebook pg. 33 2.0
祖先から受け継がれた能力や、生まれ育った環境における祖先で一般的な能力を反映するため、1レベル時点で遺産を選択すること。君は1つの遺産しか持てず、それを後で変更することは出来ない。遺産は文化や民俗と同じものではないが、文化や民俗の中には、特定の遺産よりももっと多いメンバーがあるものも、もっと少ないメンバーしかいないものもある。

適応力あるアナディ Adaptive Anadi

Source The Mwangi Expanse pg. 103 2.0
君は、変成術を完成させるために従事したアナンディの血統を継いでいて、より幅広い文化を取り入れることが可能である。コモンの、中型の人型生物の祖先を1つ、選ぶこと。君の人間形態はその選択に合致する形態と置き換わる。君はまた、選んだ人型生物の祖先の《養子》の特技を得る。

極彩色のアナディ Polychromatic Anadi

Source The Mwangi Expanse pg. 103 2.0
君の体は非常に色彩豊かな体毛で覆われており、鮮やかで人目を惹きつける模様を作り出しているが、その一部は君の人間形態にも表れているかもしれない。君は〈芸能〉に修得になる(既に〈芸能〉に修得であるなら、任意の技能)。そして、《魅力的な演芸》の特技を得る。

捕獲者アナディ Snaring Anadi

Source The Mwangi Expanse pg. 103 2.0
君は、本当の姿で狩猟をする際に有利になる、鉤状の牙を持って生まれた。牙の攻撃は組みつきと足払いの特性を得る。

足長アナディSpindly Anadi

Source The Mwangi Expanse pg. 103 2.0
君の四肢は双方の形態において例外的に長く、驚くべき敏捷性に動き回ることが出来る。君の速度は25フィートから30フィートに増える。

毒アナディ Venomous Anadi

Source The Mwangi Expanse pg. 103 2.0
君の自然の形態の牙は、敵に毒を注ぐことが出来る。君は「アナンディの毒」の能力を得る。

アナディの毒 Anadi Venom


Source The Mwangi Expanse pg. 103 2.0
頻度 1日に君のレベルに等しい回数
君は牙で毒を与える。もし、君が手番の終了前に次に行う牙の「打撃」が命中し、ダメージを与えたなら、その打撃は追加で1d6点の毒ダメージを与える。ファンブルしたなら、その毒は通常通りに消費される。12レベル時点で、この毒のダメージは2d6点に増える。


群れやすい平和な人々であるアナンディは、故郷の隣人と交易をすることに熱心であった。しかしながら、こういったアナンディ達はすぐに、他の人々が自分達の外見を非常に好ましくないと思っていることを知ったのである。争いを避けたいと望み、古のアナンディは解決方法を見つけられるまで、隔離された生活を送ることにした。アナンディの最も偉大な学者たちが、変成術と幻術の混合術によって人型生物の形をとることが出来るようになる方法を発見した際、答えは訪れた。この技術は発展し、完成され、最終的にアナンディの圧倒的多数の者に伝えられた。

新しい外交手法による初期の努力は、素晴らしい結果をもたらしたが、散発的な接触によって外部の一部の者達はアナンディについて偽りの伝説を囁くようになった。例えば、アナンディは月が昇る際に蜘蛛の怪物へと変身する人間なのだとか。現代の探検家たちですら、アナンディを人間と蜘蛛の混血種であると報告している。現在のアナンディは、自分達の本性を隠す必要のない世界をゆっくりと、しかし、着実に、作り出そうとしている。

You Might…
Only reveal your true form to people who have earned your trust.
Openly express sympathy for misrepresented and unfairly stigmatized cultures.
Provide for those you hold dear and defend them from danger without hesitation.

Others Probably…
Appreciate your willingness to seek nonviolent solutions to complicated problems.
Have a strong reaction to seeing your natural form.
Assume you have an affinity for druidic magic, given your ability to transform.

Physical Description
Anadi in their true form resemble human-sized spiders with a variety of colorations. Some tones look simple or muted while other remain striking and vibrant, with most patterns inherited from an anadi’s parentage. A typical anadi measures five feet in length from their front legs to their rear legs when standing comfortably.

All anadi possesses the ability to transform into a human guise. This form can resemble any human ethnicity, but it’s usually one that blends in with the region of an anadi’s hatching. Anadi reach physical maturity after 13 years, going through multiple phases of molting along the way. A typical anadi lives to be about 80 years old.

Society
Anadi live in a communal society, sharing peaceful lives farming mushrooms or weaving warm blankets. Their culture places great value on cooperation and mutual respect. Due to this cultural upbringing, anadi often have issues facing severe conflict and often come off to other ancestries as very shy. Their history of dealing with arachnophobia in other peoples—which anadi understand is often instinctual and very difficult to control—likewise means that anadi do their best to be accommodating and comforting, even in situations that aren’t necessarily fair to them.

Alignment and Religion
The cooperative nature of anadi society and their dislike of violence means many anadi lean toward good alignments. They’re more often neutral than chaotic or lawful, though the latter aren’t unheard of. Legends say Grandmother Spider rescued anadi people from servitude and brought them to Golarion, becoming their patron deity in the process. Her values of mutual care and playful trickery interweave into anadi culture, and even those who don’t worship her tell tales of her adventures.

Adventurers
Anadi who answer the call to adventure often do so to learn more about the world at large. Common anadi backgrounds include artisan, emissary, herbalist, hunter, and scholar. Anadi adventurers who want to support their communities often become clerics or druids. Rogue remains a popular choice among those who seek to hide their true form. Anadi who wish to continue their magical traditions tend to become wizards or sorcerers.

Names
Anadi names are given by the members of the web marriage that raised them. Each parent contributes a single syllable, usually the first, from their own name. Older anadi who feel their identity has settled often take on or are given a phrase-title to honor them as well. Anadi who live among human populations rarely take a cover name, but some might adopt one if their given name strongly contrasts the norm in the local culture.

Sample Names
Altava, Anavachti, Strings-On-The-River Inkeelah, Kerialnamu, Maracha, Leaves-Shelter-Her-Feet Naiala, Orvasa, Reloana, Rivuken, Velachamon

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました